紫外線が強い時期になりましたね!

昨日と打って変わって今日はお天気もよく暑かったですね~!

 

最近お天気がいいと日差しが強いですよね><

 

サングラスしていないと目が痛くなります。

 

5月はもう初夏なんですよね~。

 

紫外線が強いわけです!

 

UVクリームは年中塗るのが定番になってきましたが、

 

どんな日焼け止めが効果的なのでしょうか?

 

SPFはどうやってみたらいいんでしょうね?

 

ちょっと調べてみました。

 

まず、SPFとはSPFとはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で紫外線防御指数とも言うそうです。

 

UVB波の防止効果を表す指標です。

紫外線を浴びた際にできる皮膚赤い斑点ができるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したものです。

SPF30の日焼け止めを利用した場合、赤い斑点が現れる時間を30倍に延ばすことができるということになります。

具体例でいいますと、赤い斑点が現れるまでに20分程度かかる人がSPF30の日焼け止めクリームを塗った場合、

 

20×30 = 600分。約10時間程度の日焼け止めの効果が期待できるということになります。

 

現在の日本では、SPFの上限は50+となっています。測定方法に限界があるため50以上の数値は信用性が低いと言うこと

で上限が設定されました。しかし、実際にははSPFが30以上の製品の効果には代わりがないのが実状のようです。

 

ほうほう。。。

 

では、PAとはなんでしょうか?

 

PAとはProtection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略でUV-A防御指数とも言います。
UVA波の防止効果を表す指標です。

SPFが肌が赤くなる原因のを防ぐのに対して、PAは皮膚の黒化が起こる原因を防ぎます。

PAは、日本化粧品工業で効果により、次の3段階に分けています。
   PA+ :PFA2以上4未満・UV-A防御効果がある。
   PA++ :PFA4以上8未満・UV-A防御効果がかなりある。
   PA+++:PFA8以上・UV-A防御効果が非常にある。

 

だそうです。

 

すみません、完全に他のサイトの内容をコピペしてしまいました・・・

 

でもこうして見ると、ただ数値が高ければいいわけではないようですね!

 

こちらのサイトにさらに詳しく書かれてましたので、

http://bihada-mania.jp/blog/7422

 

これからの日焼け止め選びの参考にしてみてくださいね(*゚∀゚*)